これがあればお洒落な人?究極のブランド品は

このエントリーをはてなブックマークに追加

私が思うブランドの魅力

私が思うブランドの魅力はそのブランドをもっているだけで、嬉しい気持ちになるものがブランドの魅力だと思います。

たとえば、ルイビトンやシャネルなども身につけることで幸福な気分が味わえるからこそ、それを身につけるのだと思います。

また、これは特に高級ブランドに言えることだと思いますが、自分がこれだけ高級で良質な品物を買うことができる層なんだということを、周囲に誇示するというものでもあると思います。

これは、海外ではより顕著ではないかと思います。たとえば、アメリカやヨーロッパなどでは、日本よりも階級によって、もつブランドが決まっています。たとえばシャネルやエルメスなどは、裕福な層のみが買うものだという認識があります。

対して、ファストファッションのようなコストの安い商品を扱うブランドは、労働者階層がかうものだというようにブランドによって分化されています。これらも記号としてのブランドの効果だと思います。
日本ではこの点の記号的要素は薄いのかもしれませんが。

注目のブランドに関わる話は、深く知るならココが手軽で便利です

Copyright (C)2017これがあればお洒落な人?究極のブランド品は.All rights reserved.